>

美味しく食べたいけれど、制限がある

病気などで制限がある人

高血圧による生活習慣病は、その原因が塩分であることが知られていますよね。
もともと、日本食は他の国の食事に比べて塩分が多いため、摂取量の削減を厚生労働省も推奨しています。
塩分を減らしつつ薄味に感じないように質を保つのは難しいですし、工夫が必要です。
また、塩分だけではなく、高カロリー高たんぱくの食事も、生活習慣病の原因になります。
発症してしまえば、当然接種制限が出てきます。
あれもこれも制限されて、かつ美味しい食事を毎日作ることがどれだけ大変な事かは、容易に想像できますよね。
また、いろいろな食材を買い集めて調理するわけですから、エンゲル係数はぐっと高くなってしまうでしょう。
宅食に頼れば、自炊よりも低コストで、美味しい制限食を食べることができます。

カロリーコントロールしたい人

カロリーを制限するというと、すぐにダイエットと思いがちですが、肥満の解消だけでなく、肥満症が原因となる病気の予防にもなります。
例えば、ご飯一つとっても、白米より玄米、雑穀米などが健康食といわれますが、それぞれを自分で用意するのは大変な事です。
また油を使わない調理法を用いたり、食材の余計な脂を落としてから調理したりと、気にし始めたらキリがありません。
カロリーは生活習慣病とは違って、若い人(特に女性)も関心があることです。
専用の献立セットを利用するなど、幅広い年代の人にお勧めできるものです。
効率的にカロリーをコントロールできるように、様々な工夫を凝らしたメニューばかりですから、一度試してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする